335hpツインターボ搭載、フォード エッジ に最強「ST」…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フォード・エッジ ST(デトロイトモーターショー2018)
フォード・エッジ ST(デトロイトモーターショー2018) 全 7 枚 拡大写真
フォードモーターは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、フォード『エッジ』の「ST」を初公開した。

エッジは、フォードブランドの主力クロスオーバー車。『エッジST』は、その高性能モデルとして登場した。『フォーカスST』や『フィエスタST』などを手がけてきた「フォード・パフォーマンス」が、そのノウハウを初めてSUVに導入する。

エッジSTのパワートレーンは、直噴2.7リットルV型6気筒ガソリンツインターボ「エコブースト」。フォード・パフォーマンスのチューニングによって、最大出力335hp、最大トルク52.5kgmを獲得する。フォードモーターによると、セグメントで最強のパワーという。

トランスミッションは8速AT。STチューンのスポーツサスペンションやパフォーマンスブレーキパッケージなどを用意した。専用のメッシュフロントグリルやデュアルエグゾーストなど、内外装にもスポーティな演出が施されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • フォード・マスタング・シェルビーGT500(デトロイトモーターショー2019)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ