EVベースの電動垂直離着陸機、自動運転技術も導入…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
エアスペースXのMOBi-ONE(デトロイトモーターショー2018)
エアスペースXのMOBi-ONE(デトロイトモーターショー2018) 全 6 枚 拡大写真
米国のエアスペース・エクスペリエンス・テクノロジーズ(エアスペースX)社は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新開発の電動垂直離着陸機、『MOBi-ONE』を発表した。

エアスペースXは、デトロイト航空機(DAC)の子会社。軍用および商業用の航空機システムを設計するために、2011年に設立された。2013年以降、70以上の小型電動垂直離着陸機を生産している。

デトロイトモーターショー2018で発表された新開発の電動垂直離着陸機が、MOBi-ONE。既存のEVアーキテクチャと自動運転技術を導入し、最高400km/h以上の速度で飛行できる性能を持つ。

垂直離着陸機なので、ヘリコプターのように離陸し、その後は飛行機のように飛ぶ。移動距離はおよそ100km以内を想定しており、乗客や貨物を輸送するように設計された。2026年までに、全米50都市に2500機を導入することを目指す、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • フォード・マスタング・シェルビーGT500(デトロイトモーターショー2019)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ