元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表…スタートアップ

自動車 テクノロジー ITS
無人で自動運転を行うロボットカー Nuro
無人で自動運転を行うロボットカー Nuro 全 2 枚 拡大写真
米国に本拠を置くスタートアップ企業、Nuroは、無人で自動運転を行うロボットカー、『Nuro』を発表した。

Nuroは、グーグル(Google)の自動運転車開発部門に在籍していたエンジニアが立ち上げた新興企業。ロボット工学や人工知能(AI)、コンピュータビジョンの専門家らが、ソフトウェアとハードウェアの専門知識を組み合わせて、日常生活のためにロボット工学の利点を加速する製品を設計している。

Nuroは企業や地域、家庭の間で、商品を輸送するために開発された、無人で自動運転を行うロボットカー。車体の全幅は、一般的な乗用車のおよそ半分。超軽量の素材で作られている。

Nuroの完全自動運転車は、商品輸送のコスト構造を変え、さまざまな日用品やサービスのための強力なプラットフォームを作り出す、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 超音波センサー(前)
  • 新型タフトで装備したACCは30km/h~125km/hの範囲内で設定できるようになった
  • 日本国内で初めて走る姿を披露したソニーのコンセプトEVモデル「VISION-S」
  • 先進安全技術による被害低減効果予測のための、車両の衝突直前挙動に基づく傷害予測モデル
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ