商用車にも電動化の波、メルセデスベンツ スプリンター 新型にEV…2019年に設定へ

エコカー EV
メルセデスベンツ eスプリンター
メルセデスベンツ eスプリンター 全 6 枚 拡大写真
メルセデスベンツは2019年、新型『スプリンター』にEVの「eスプリンター」を設定すると発表した。

スプリンターは、メルセデスベンツの主力商用車。12年ぶりにフルモデルチェンジを受けて、3世代目となる新型スプリンターが登場したばかり。その新型スプリンターに2019年、EVのeスプリンターが追加される。

eスプリンターの開発には、メルセデスベンツ乗用車の新たな電動ブランド、「EQ」の技術を導入。モジュラー化された電動システムを搭載することにより、コスト面でのスケールメリットが追求される。

また、eスプリンターは、主に都心部の事業者向けに設計されるEV。環境を保護するだけでなく、顧客に日常的な適応性と柔軟性を備えた付加価値を提供する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ カイエン ランボルギーニ ウルス BMW X7 アウディ Q8 アストンマーティン DBX メルセデスベンツ GLS
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • F1 70周年GP
  • #77 バルテリ・ボッタス/メルセデスW11(2020年シーズン)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ