日光線観光列車「いろは」の展示会…鉄道博物館と日光駅で 3月

鉄道 エンタメ・イベント
インバウンドを意識した日光線「いろは」の車体イメージ。側扉は4ドアから2ドアに変更されている。
インバウンドを意識した日光線「いろは」の車体イメージ。側扉は4ドアから2ドアに変更されている。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本大宮支社は2月15日、鉄道博物館(さいたま市大宮区)と日光駅(栃木県日光市)で、観光列車「いろは」の展示会を開催することを明らかにした。

「いろは」は、JRグループが4月1日から実施する「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン(栃木DC)に合わせて運行を開始する。

日光線で運用されている205系600番台1編成に、キスゲや華厳の滝、中禅寺湖、日光の社寺の彫刻などで扱われる動物をモチーフにしたイラストを入れたもので、車内は木目調に改装。外国語対応の案内表示器や無料公衆無線LANの設置、照明のLED化、車椅子スペースの増設などが図られている。

見学会は、鉄道博物館では3月10日の11時から16時まで「てっぱくホール」付近で開催(最終入場15時50分)。日光駅では3月22日の12時から13時30分まで、2番線ホームで開催する(最終入場13時20分)。

当日は、鉄道博物館では先着500人、日光駅では先着300人に「いろは」のペーパークラフトやクリアファイルを進呈する。

なお、「いろは」の営業運行は4月1日から開始され、初日は、宇都宮~日光間で『誕生いろは日光号』を運行。時刻は宇都宮9時10分発~日光9時52分着・10時32分発~宇都宮11時24分着。

また、4月28-30日、5月3-6日には『GOGOいろは日光』として大宮~日光間で運行する。時刻は大宮8時36分発~日光10時45分着・14時45分発~大宮17時08分着。

5月18日には『日光東照宮春季例大祭号』として運行され、時刻は大宮7時25分発~日光9時22分着・15時02分発~大宮17時02分着。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本上空の宇宙空間に滞在し、国内での位置情報の測位を向上させる日本の準天頂衛星システム初号機『みちびき』のイメージ。
  • 新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。東北・北海道新幹線では新青森~新函館北斗間の車内販売が3月15日限りで終了。残る東京~新青森間では『やまびこ』が終了し、『はやぶさ』『はやて』では弁当や軽食類の販売が終了する。
  • 『チャギントン』のキャラクター。
  • 1号車(飯能寄り先頭車)
  • 209系を改造した『B.B.BASE』。
  • 西武鉄道001系Laview
  • 気仙沼線BRTでは、気仙沼市内に岩月駅が新設され、列車との乗換時分も一部短縮される。
  • かつてはしなの鉄道にも乗り入れていたことがあった189系N102編成。3月28日に運行される記念列車でも乗入れする。

ピックアップ