上田電鉄、7200系引退記念乗車券を発売…5編成分をシリーズで 2月24日から

鉄道 エンタメ・イベント
第1弾「7251編成」の台紙中面。大人用と子供用の硬券乗車券がセットになっている。第1~5弾の発売数は、各200セット。
第1弾「7251編成」の台紙中面。大人用と子供用の硬券乗車券がセットになっている。第1~5弾の発売数は、各200セット。 全 2 枚 拡大写真
長野県上田市の上田駅と別所温泉駅を結ぶ別所線を運営する上田電鉄は、2月24日から7200系電車の引退に伴なう記念乗車券を発売する。

上田交通時代の1993年に、東京急行電鉄(東急)から導入した7200系は、5月12日限りで最後の7255編成が引退することになっているが、今回発売される記念乗車券は、現役の7255編成を含めて、過去に在籍した7251~7254編成をシリーズ化。それぞれ台紙に、導入から引退までのおもな変遷を記載している。

2月24日から発売されるのは第1弾の7251編成と第2弾の7252編成で、以後は、3月17日から第3弾の7253編成と第4弾の7254編成が、4月7日から第5弾の7255編成が発売される。

発売箇所は上田・下之郷・別所温泉の各駅で、発売額は各260円。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV