ボッシュ、ライドシェアに参入…米新興企業を買収

自動車 ビジネス 企業動向
ボッシュが買収したSPLTのライドシェアサービス
ボッシュが買収したSPLTのライドシェアサービス 全 2 枚 拡大写真
ボッシュは2月21日、米国の相乗りサービスのスタートアップ企業、SPLT社を買収し、ライドシェアリング事業に参入すると発表した。

SPLT社は、米国デトロイトに2015年に設立されたスタートアップ企業。同社は、企業、大学、自治体の職員に向けて、ライドシェアリングサービスを提供している。

SPLT社は、専用アプリを使って同じルートで通勤、通学する人たちをつなぐ。アルゴリズムは同乗者をマッチングし、最短ルートを計算。目的は、渋滞を緩和し、毎日の通勤の負担を軽減すること。現在、米国、メキシコ、ドイツで14万人がこのサービスを利用している。

SPLTのアプリの使い方は非常に簡単。企業や大学、自治体は、職員がSPLTプラットフォームにアクセスできるようにする。職員はSPLTのアプリをダウンロードして、登録し、相乗り相手を探したり、相乗りを申し出ることができる。予約はその場で、または事前に行うことが可能。 到着時間はリアルタイムで表示され、費用は同僚の間で分担されオンラインで課金される、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボッシュのライダーアシスタンスシステムのイメージ
  • ボッシュが開発した電動車向けの新世代SiCパワー半導体
  • フランクフルトモーターショー2019
  • ボッシュが実用化を目指す空飛ぶタクシー
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/02/23/306433.html/article/2018/02/23/306432.html/article/2018/02/23/306434.html