ポルシェ、車両にブロックチェーン技術を導入へ…将来の自動運転車に活用目指す

自動車 テクノロジー ネット
車両にブロックチェーン技術を導入するポルシェ
車両にブロックチェーン技術を導入するポルシェ 全 1 枚 拡大写真
ポルシェは、車両にブロックチェーン技術を導入すると発表した。将来の自動運転車などへの活用を目指す。

すでにポルシェは、ドイツ・ベルリンに本拠を置くスタートアップ企業、XAIN社と共同で、車両にブロックチェーンアプリを導入する試験を開始。テストでは、アプリを使った車両のロック&アンロック、一時的なアクセス権限や暗号化されたデータログを取得することなどを行っている。

ブロックチェーンの基盤上で開発されたサービスは、スピーディかつ非常に安全という。車両はブロックチェーンの一部となり、直接的なオフライン接続が可能になる。サーバーを経由せずに、ダイレクトに接続するアプリを使えば、瞬時に認証が行われ、ドアを開閉できる。

またポルシェは、ブロックチェーンに基づいた新しいビジネスモデルの開発にも取り組む。そのひとつが、将来の自動運転車への活用。ポルシェは、将来の自動運転車の機能の向上を、ブロックチェーン導入によって目指していく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ・タイカンの最新プロトタイプ
  • ポルシェ・タイカン の最新プロトタイプ(グッドウッド2019)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ改良新型(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエンクーペ
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/02/26/306518.html/article/2018/02/26/306517.html/article/2018/02/26/306519.html