ホンダ CB125R 発売、新世代CBシリーズのエントリーモデル

モーターサイクル 新型車
ホンダ CB125R
ホンダ CB125R 全 5 枚 拡大写真
ホンダは、新世代CBシリーズのエントリーモデル『CB125R』を3月9日より発売する。

パワーユニットは、最高出力13ps、最大トルク10Nmを発生する水冷4ストロークOHC単気筒エンジンを採用。吸排気系の最適化とPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)の精緻な制御により、幅広い回転数からのスロットル操作に対し、リニアな出力特性を実現している。

車体は、高張力鋼管と鋼板で構成された新設計のスチールフレームを採用し、各部位の剛性を最適化しながら、軽量な車体パッケージングと高い運動性能を実現する。足回りは、路面追従性を追求した倒立フロントフォークと、安定した減衰力を発揮する分離加圧式リアサスペンションユニットを採用。高張力鋼板製のスイングアームと組み合わせることで、乗り心地と軽快感のあるハンドリングを提供する。

スタイリングは、新世代CBシリーズに共通する凝縮感のある、先鋭的かつクラスレスなスタイルを採用。全灯火器にはLEDを採用。また、フルデジタル液晶メーターを装備。ミッションは6段リターン式で、ギアポジションインジケーターも採用する。

カラーはブラック、キャンディークロモスフィアレッド、パールメタロイドホワイトの3色を設定。価格は44万8200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV