定型文とタブレット端末で4カ国語の駅放送…JR西日本が多言語音声翻訳システムを導入へ

鉄道 テクノロジー
多言語音声翻訳システムの導入イメージ。定型文のデータ提供はクラウドを活用している。
多言語音声翻訳システムの導入イメージ。定型文のデータ提供はクラウドを活用している。 全 2 枚 拡大写真
JR西日本は3月9日、国内で初めての多言語音声翻訳放送システムを3月30日に導入すると発表した。

訪日外国人客の利用が多い駅の放送設備に、『メガホンヤク』と呼ばれる、パナソニック製のメガホン型多言語音声翻訳サービス用ソフトをインストールしたタブレット端末を接続して、駅案内を行なうもの。工事が不要で、既設システムに大幅な変更を加えないなど、導入へのハードルが低いことから、今回、活用されることになった。

これにより、あらかじめ登録した日・英・中・韓の4カ国語の定型案内文を、駅員が選択して再生し、放送することが可能になり、駅利用時の注意喚起とともに、平常時は列車や乗り場、乗換えの案内を、異常時には、遅れや運転見合せ、運転取り止め、乗り場変更といった案内を行なう。

今回導入される駅は、京都・西九条・ユニバーサルシティ・天王寺・姫路の各駅で、今後、順次、拡大するとしている。

JR西日本では、福知山支社が総務省の2016年度「多言語音声翻訳システムの利活用実証」に参加しており、西舞鶴駅や東舞鶴駅で実証実験を行なっていた。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 赤い1000形のイメージ。小田原方の一般色車6両と混結になるため、赤い1000形が先頭になるのは新宿行きの上りとなる。
  • 鹿児島本線と久大本線の被災状況。
  • 「ウィング・シート」サービスを行なっている京急の2ドア・クロスシート車2100形。
  • 斜面崩壊が発生した五十崎~喜多山間。
  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。

ピックアップ