新幹線札幌駅「大東案」の技術的検討結果を公表…在来線連絡設備は基礎を地下まで伸ばす必要も

鉄道 企業動向
3月12日の会議で示された、新幹線札幌駅「大東案」の技術的問題に対する検討結果。
3月12日の会議で示された、新幹線札幌駅「大東案」の技術的問題に対する検討結果。 全 1 枚 拡大写真
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は3月12日、同日に開催した「北海道新幹線建設促進北海道・札幌市調整会議」の審議内容を公表した。

この会議は、国土交通省(国)、鉄道・運輸機構、北海道、札幌市、JR北海道の5者が、北海道新幹線札幌駅のホーム位置を検討するために開催しており、今回は、JR北海道が提案している「大東(おおひがし)案」に対する技術的な検討結果が公表されている。

大東案は、札幌駅東側の創成川を跨ぐ位置に2面2線の新幹線用ホームを建設する案で、新幹線ホームと在来線ホームとは乗換え跨線橋で結ぶとしている。

3月2日に開催された前回の会議では、大東案採用を巡って、新幹線構造物と立体駐車場などとの隔離や、線路に付随する保守用通路・避難用通路の幅などが検討課題に挙げられていたが、今回の会議では、そのどちらもクリアされたことが報告された。その結果、新幹線ホームの幅は、中央部で10m程度になる見込みとなった。

また、在来線ホームへ通じる乗換え跨線橋や連絡通路の問題については、基礎を地下まで伸ばして構造を保つ必要があるとして、JR北海道が引き続き検討することになった。

連絡通路と絡む既設の在来線架線ビームについては、支障する部分を移設することが確認された。

札幌駅の新幹線ホーム設置問題では、JR北海道の大東案に対して、国や鉄道・運輸機構が、1・2番線ホームを転用する「認可見直し案」との差額負担に応じるのなら採用する用意があると譲歩しており、JR北海道はそれに応じる意向を示している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
  • 「憧れの街」をデザインコンセプトにした銀座駅のホーム。壁面には「古き良き銀座の街並み」のイメージが描かれている。

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}