6800台を輸送できる次世代自動車船が竣工 商船三井

自動車 ビジネス 企業動向
次世代型自動車船「FLEXIE」シリーズの1番船「BELUGA ACE」
次世代型自動車船「FLEXIE」シリーズの1番船「BELUGA ACE」 全 1 枚 拡大写真
商船三井はが、南日本造船で建造していた小型車換算で6800台を輸送できる次世代型自動車船「FLEXIE」シリーズの1番船「BELUGA ACE」を3月15日に竣工した。

船は、多様化している輸送需要にフレキシブルに対応できる、上下に自由に動かすことが出来るリフタブルデッキを従来の2層から6層に増やして機能性を刷新した。

船体デザインも既存自動車船のデザインから一新し、商船三井グループの英文略称「MOL」や、商船三井の自動車輸送サービスブランド「MOL ACE」(MOL Auto Carrier Express)を表すA、さらに顧客との関係を未来へつなぐ決意を表す白いラインで表現したとしている。

また、船は船首部をラウンド形状とすることで風圧抵抗を低減し、現行の自動車船に比べ、約2%のCO2削減効果を見込む。この形状は、商船三井テクノトレード、三井造船昭島研究所による共同開発の成果で、環境負荷低減技術の一つとして実現した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • e5のゼロエミッションEV船(イメージ)
  • マツダ、今年も自動車専用船見学会開催。
  • BELUGA ACE
  • 太平洋フェリー
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV