ミラノで発表された3輪車、ヤマハ ナイケン を国内導入予定...大阪モーターサイクルショー2018

モーターサイクル エンタメ・イベント
国内市販予定となったNIKEN(16日・大阪市)
国内市販予定となったNIKEN(16日・大阪市) 全 1 枚 拡大写真
16日から開催中の大阪モーターサイクルショー2018で、ヤマハは『NIKEN』(ナイケン)を国内市販予定車として展示した。2017年の伊ミラノのEICMA(国際モーターサイクルエキシビション)以来、手に届く日は近い。

ヤマハはLMW(Leaning Multi Wheel)テクノロジーを採用した『TRICITY125』(トリシティ)、『TRICITY155』を国内市場に投入。オートバイは2輪、という概念から離れ、旋回時の高い安定性を誇る“多輪バイク”を拡げた。

ナイケンはその頂点とも呼べる大型車で、LMWを支える基本性能を高める「新ステアリング機構」など新技術も投入された。排気量847cc、水冷直列3気筒エンジンを搭載するロードスポーツだ。前2輪片側2本の太いフロントフォークが、バッファローのいかつい肩を思わせる斬新なスタイルで好評を博した。海外モデルとしては年内の発売が公表されている。

国内では昨年11月、東京モーターショーでコンセプトモデルとして出展され、今年の大阪・東京モーターサイクルショーでは、それが国内市場予定車となった。LMWテクノロジーを使ったモビリティは、ヤマハの成長戦略の柱のひとつで、できれば国内外同時投入で意気込みを示したいところだ。

国内販売を担当するヤマハ発動機販売のMC営業部に、ナイケンの見通しを聞いた。

「大阪・東京モーターサイクルショーに展示しているのは海外向けモデルではあるが、国内市販予定車でもある。各国の保安規制などを受けて細部が変更されることはあるが、それはナイケンに限らず、どのモデルも同じ。ほぼこの展示車両が国内モデルと言っていい」

すでに、完成の域にあるナイケン。ますます国内投入時期が気になる。「日本も2018年? それはまだわかりません」。

ナイケンは大阪モーターサイクルショーに続き、24日からの東京ショーでも展示される。

《中島みなみ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カスタムワークスゾン制作「RODE ZON」(HERITAGE モーターサイクルウエア&ギアの世界)
  • 会見の後半では記者との懇談会が行われ活発に質疑応答が交わされた
  • ヤマハ NMAX155
  • ブレイズスマートEV
  • LOOP POWER SHOT(ループパワーショット)80ml缶
  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS
  • ヤマハSR400

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/16/307351.html/article/2018/03/16/307350.html/article/2018/03/16/307352.html