ポルシェ 911 のフラット6搭載、800hpの フェニア は400km/h超…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
Wモーターズ・フェニア・スーパースポーツ(ジュネーブモーターショー2018)
Wモーターズ・フェニア・スーパースポーツ(ジュネーブモーターショー2018) 全 4 枚 拡大写真
中東ドバイに本拠を置くWモーターズは、ジュネーブモーターショー2018において、『フェニア・スーパースポーツ』の市販モデルを発表した。

Wモーターズは2012年、中東レバノンに設立された新興メーカー。2013年、ドバイに移転すると同時に、カタールモーターショー2013において、『ライカン・ハイパースポーツ』を発表し、スーパーカービジネスに参入した。

フェニア・スーパースポーツは、ライカン・ハイパースポーツの後継モデル。マグナシュタイアと共同開発され、リアのミッドシップには、ポルシェのチューナーとして知られるRUFが、『911』用をチューニングした3.8リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンが収まる。

このエンジンは、最大出力800hp、最大トルク99.9kgmを発生。トランスミッションは7速デュアルクラッチ。0~100km/h加速2.7秒、最高速400km/h以上というパフォーマンスを可能にしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • RemetzCarの モデル SB(ジュネーブモーターショー2019)
  • ブラバス 850 4×4 ファイナルエディション(ジュネーブモーターショー2019)
  • アルピナ B7 改良新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • グンペルト・ナタリー(ジュネーブモーターショー2019)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/20/307461.html/article/2018/03/20/307460.html/article/2018/03/20/307462.html