BMWの日本初公開モデルは3車種、さらに…東京モーターサイクルショー2018 詳細画像 | レスポンス(Response.jp)

BMWの日本初公開モデルは3車種、さらに…東京モーターサイクルショー2018 詳細画像

モーターサイクル ショーカーライブラリー
BMW F850GS(東京モーターサイクルショー2018)
BMW F850GS(東京モーターサイクルショー2018) 全 40 枚 拡大写真
BMWの二輪車部門、BMW Motorradは、3月23~25日に東京ビックサイト(東京都江東区)で開催された第45回東京モーターサイクルショーに出展した。日本初公開モデルは『F750GS』『F850GS』『C400X』。

F750GS / F850GSはおおよそ10年ぶりのフルモデルチェンジ。エンジンを含む駆動系をすべて刷新し、シフトアシストプロなど、トレンドにあわせた電子制御装置を搭載した。

C400Xはアジアマーケットもターゲットにした中型サイズの新型スクーターだ。新開発の350cc単気筒エンジンにCVTを組み合わせる。LEDヘッドライトとTFT液晶モニターが標準装備となる“都市型スクーター”だ。

ピュア・レーシングマシンの『HP4 Race』も会場では注目を集めていた。215馬力のレースエンジンをフルカーボンフレームに搭載し、カーボンホイール、最新のレース用電子装置など、「異次元のライディングエクスペリエンスを提供」と謳う。全世界で750台の限定生産。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ