VWが新型SUVクーペ発表、2019年に市販へ…ニューヨークモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン・アトラス・クロススポーツ・コンセプト(ニューヨークモーターショー2018)
フォルクスワーゲン・アトラス・クロススポーツ・コンセプト(ニューヨークモーターショー2018) 全 7 枚 拡大写真
フォルクスワーゲンは3月27日(日本時間3月28日)、米国で開催したニューヨークモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、『アトラス・クロススポーツ・コンセプト』を発表した。

フォルクスワーゲンは2016年秋、ロサンゼルスモーターショー2016において、新型SUVの『アトラス』を発表。アトラスは米国ではミドルクラスに属する3列シートのSUV。

アトラスは、フォルクスワーゲングループの新世代モジュラー車台、「MQB」を基本に開発。ボディサイズは全長5037mm、全幅1979mm、全高1768mm。米国市場で販売されているフォルクスワーゲン車としては、最大の大きさとなる。この効果で、大人7名が乗車できる充分な室内空間を備える。

ニューヨークモーターショー2018のプレビューイベントで初公開されたアトラス・クロススポーツ・コンセプトは、このアトラスをベースとした2列シートのSUVクーペを提案する1台。コンセプトカーではあるが、2019年から米国テネシー州のチャタヌーガ工場で量産化され、市販されることが決まっている。

アトラス・クロススポーツ・コンセプトでは、ホイールベースをアトラスと共通サイズとしながら、全長をおよそ190mm短縮。クーペのようなルーフラインを備えたスポーティなルックスが追求された。ヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーが導入されている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ