4月18日スタートの秋田港クルーズ船連絡列車、初日は3往復を運行

鉄道 企業動向
秋田港駅に新設された『秋田クルーズ号』用の旅客ホーム。
秋田港駅に新設された『秋田クルーズ号』用の旅客ホーム。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本秋田支社は4月5日、秋田港~秋田間で4月18日から運行を開始する秋田港クルーズ船連絡列車『秋田クルーズ号』初日の運行計画を発表した。

『秋田クルーズ号』は、秋田港に入港するクルーズ船の旅客を秋田市の中心部まで輸送する列車で、定員は140人。秋田港~土崎間1.8kmはJR貨物の路線を借りて運行する。

「海」「港」「クルーズ船」をデザインした外観を持つキハ48形改造車4両編成で運行され、1日あたりの運行本数は1~12本が計画されているが、初日の4月18日は、秋田港発が11時57分・12時50分・14時13分、秋田発が13時43分・17時14分・18時18分の3往復が運行されることになっている。

当日は秋田港にイギリス船籍の大型旅客船『ダイヤモンド・プリンセス』が入港する予定で、11時20分から秋田港駅乗降場前広場で出発式が開催される。

『秋田クルーズ号』の運行開始にちなみ、途中の土崎(つちざき)駅では、列車の到着時に土崎神明社の曳山行事である「港ばやし」で行なわれている「寄せ太鼓」のメロディが流されるほか、4月15日からは秋田駅西口ぽぽろーど2階に秋田犬を常設展示する「秋田犬サテライトステーション」が開設され、秋田駅構内を散歩する秋田犬が披露される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。
  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。
  • 10月15日時点の東武日光線静和駅構内。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/04/06/308236.html/article/2018/04/06/308235.html/article/2018/04/06/308237.html