FCA、マニエッティマレリ社を分社化へ…車載コネクト事業に注力

自動車 ビジネス 企業動向
マニエッティマレリ社の車載コネクト事業
マニエッティマレリ社の車載コネクト事業 全 3 枚 拡大写真
欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は4月5日、傘下のイタリアの自動車部品大手、マニエッティマレリ社を分社化すると発表した。

FCAによると、マニエッティマレリ社の分社化に際しては、マニエッティマレリの新しい持ち株会社を設立。その株式を、FCAの株主に分配する計画を掲げている。

なお、マニエッティマレリ社の分社化は2018年末から2019年初頭にかけて、手続きが完了する見通し。なお、分社化には、当局の承認が必要になる。

マニエッティマレリ社は現在、自動車のエレクトロニクスシステム事業を重視。テレマティクスやインフォテインメント、ナビゲーションシステムなど、車載コネクティビティ事業に力を入れている。

FCAのセルジオ・マルキオンネCEOは、「マニエッティマレリ社を分社化することで、FCAとマニエッティマレリは、中核事業に集中できる」と述べている。

ドライバーは燃費をどう意識しているのか。『e燃費』は、Amazonギフト券が当たるアンケートを…

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FCAの電動車向け急速充電ステーション「モビリティストア」
  • FCAのPHVが都市部の電動車専用エリアで自動でEVモードに切り替えるテスト
  • FCAのイタリア・トリノ・ミラフィオリ工場でのV2Gプロジェクト完成予想イメージ。最大700台のEVを相互接続する
  • フォードモーターの米国ミシガン州ディアボーン工場
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ