ジャガー、新フォーミュラ E レーサー発表…第2世代に進化

エコカー EV
ジャガー I-TYPE 3
ジャガー I-TYPE 3 全 4 枚 拡大写真
パナソニック・ジャガー・レーシングは4月9日、「フォーミュラE」の新型レーシングカー、ジャガー「I-TYPE 3」を発表した。

I-TYPE 3は、2018年12月に開幕する第5シーズンのフォーミュラEに向けて、ジャガーが開発したニューマシン。現行の「I-TYPE 2」の後継マシンで、ジャガーとしては第2世代のフォーミュラEレーサーとなる。

フォーミュラEの第5シーズン以降、新たなシャシーとバッテリーのコンビネーション、そして新規に公認されるパワートレーンを使う新レギュレーションを導入。これまでのようなレース中の車両の乗り換えはなくなる。

I-TYPE 3では、モーターの出力は予選時が340hp、決勝レース時が272hp。ドライバーの頭を保護する「ハロ」コックピットも採用された。引き続き、超軽量なカーボンファイバー製ハニカムシャシーを使用する。

また、従来マシンに対して、大型のリアウイングを廃止。それでいて、エアロダイナミクス性能は、従来よりも向上させている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ジャガーが約50年ぶりに生産する「XK型」3.8リットル直6エンジンブロック
  • ジャガー I-PACE
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ