ヤマハ発動機、新型125ccスクーター レキシィ をインドネシア市場プレミアムクラスに投入

モーターサイクル 新型車
ヤマハ・レキシィ
ヤマハ・レキシィ 全 6 枚 拡大写真
ヤマハ発動機は、インドネシアで拡大するプレミアムクラスに向けた125cc新型スクーター『レキシィ(LEXi)』および『レキシィ-S』を4月に発売する。

レキシィは、「“High Value”Utility Commuter」をコンセプトに開発。欧州スクーターを連想させるステイタス感漂うスタイルや、ワンランク上の高級感を感じさせるボディサイズが特徴だ。VVA(可変バルブシステム)機構を備えた水冷4ストローク ブルーコアエンジン、ストップ&スタートシステムを搭載し、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立。さらにLEDヘッドライトやハザードランプ、フルデジタルメーター、電源ソケット、ゆとりのあるワイドなフラットフットボードなどを備える。

価格は1995万ルピア(約15万6000円)、スマートキーとサブタンク付リアサスペンションを装備するレキシィ-Sが2280万ルピア(約17万8000円)。

年間480万台規模で推移するインドネシアのスクーター市場では、個人所得の上昇によりプレミアムクラスの需要が拡大している。ヤマハ発動機は、レキシィをプレミアムクラスのエントリーモデルとして投入。同クラスの裾野拡大を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R

ピックアップ