JR貨物がゴールデンウィークに増発…ドライバー不足に対応、コンテナ列車611本運行

自動車 ビジネス 企業動向
貨物列車の例
貨物列車の例 全 1 枚 拡大写真
JR貨物は、ゴールデンウィーク期間中(4月28日~5月7日)に貨物列車を合計611本のコンテナ列車を運行すると発表した。

トラックドライバー不足への対応や、CO2排出量削減といった環境配慮に取り組んでいる企業を中心に、鉄道へのモーダルシフトの動きが進んでいる。こうした中、同社では、ゴールデンウィーク、年末年始の長期休暇期間、利用客の休業状況などを勘案し、貨物列車の運転を行っている。

今年のゴールデンウィーク期間中はコンテナを前年より15本増となる611本、車扱を2本多い162本、合計773本運行する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • JR貨物の貨物列車も通過する肥薩おれんじ鉄道だが、現在も八代~水俣間で運行を見合わせているため、鹿児島県内への運行ができない状態が続いている。写真は同区間で最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネル付近の被災直後の様子。左手の山から崩れた土砂と木々がその下の国道を巻き込んで大量に線路に流れ込み、佐敷トンネルの出入口が架線とともに完全に埋没した。
  • 斜面崩壊が発生した五十崎~喜多山間。
  • 2017年7月の九州北部豪雨で橋脚が倒壊した久大本線の花月川橋梁は、翌年には架け替えられて復旧したが、今回の豪雨で再び様子が気遣われる。
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ