BMWブランド初のEV『iX3』、航続は400km以上…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
BMWコンセプト iX3
BMWコンセプト iX3 全 6 枚 拡大写真
BMWグループは4月25日、中国で開幕した北京モーターショー2018において、『コンセプト iX3』を初公開した。

コンセプト iX3は、BMWグループが2020年に市販する『iX3』を示唆したコンセプトカー。iX3はBMWブランド初の市販EVとなり、『X3』をベースに開発が進められている。

コンセプト iX3には、BMWグループとしては第5世代の電気モーターを搭載。最大出力は270hp以上を引き出す。バッテリーは蓄電容量が70kWh。1回の充電での航続は、400km以上に到達する。

急速充電は、最大で150kWの出力での充電が可能。およそ30分で充電できる性能を備える。またコンセプト iX3は、フロントのキドニーグリルが、ベース車両のX3とは異なる専用デザイン。エンジンの冷却性を考慮する必要がないため、グリル内部が閉じられたデザインを採用している。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 吉利KCコンセプト(上海モーターショー2013) : 後方左に、ボルボから吉利のデザイン担当副社長に移籍したピーター・ホルバリーが見える。
  • 華泰・宝利格(上海モーターショー2013)
  • トヨタ C-HR と兄弟車の イゾア(北京モーターショー2018)
  • レクサスES新型(北京モーターショー2018)
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ