三菱 デリカD:5 一部改良、初めての外観デザイン変更 | レスポンス(Response.jp)

三菱 デリカD:5 一部改良、初めての外観デザイン変更

自動車 ニューモデル 新型車
デリカD:5改良新型
デリカD:5改良新型 全 10 枚 拡大写真
三菱自動車は4月25日、外観デザインを中心に一部改良したミニバン『デリカD:5』を発売した。合わせてアウトドアレジャー向け特別仕様車「ジャスパー」を新たに設定した。価格は240万8400~405万5400円。

デリカD:5の商品企画を担当する商品戦略本部の大谷洋二チーフプロダクトスペシャリストは今回の改良について「新フロントバンパープロテクターを装備して発売する。フロントバンパープロテクターの大型化により、さらに力強い印象とともに歩行者保護規制に対応している。デリカD:5の外観変更は今回が初めて」と述べた。

またジャスパーに関しても「サマーシーズンの特別仕様車であるジャスパーもデリカD:5としては初の採用」とした上で、「アウトドアシーンで便利な撥水機能付き(スエード調人工皮革)グランリュクスシート、ダーククローム調塗装のアルミホイール、ジャスパーの名前の由来であるカナディアンロッキーの自然をイメージした専用デカールなどを採用している」と解説。

さらに「マッドフラップやカーゴフェンス、バンジーコードなどアウトドアで役立つ専用アイテムを揃えたコンプリートパッケージも用意している」という。ジャスパーは5月17日発売で、価格は357万0480~374万7600円。なおコンプリートパッケージはディーラーオプションで、工賃込みの価格は11万5797円。

また2017年4月発売の特別仕様車「アクティブギア」も継続される。大谷チーフプロダクトスペシャリストは「2017年度の(デリカD:5)販売の約2割を占めた人気の特別仕様車アクティブギアも、新しいフロント外観となって販売を継続する」と述べた。

その上で「歴代デリカが提供してきたものは、それぞれの時代ごとに進化してきたが、人々の生活を豊かにするというテーマに変化はない」と締めくくっていた。

三菱 デリカ 50周年…初代-5代目[ミニ写真蔵]

《小松哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ