フォード、北米でセダン廃止へ…SUVやピックアップトラックにシフト

自動車 ビジネス 海外マーケット
フォード・フュージョン
フォード・フュージョン 全 3 枚 拡大写真
フォードモーターは4月25日、2020年までにフォードブランドの北米市場のラインナップから、セダンを廃止すると発表した。

今回の発表は北米、とくに米国市場において、顧客のライトトラック(SUVやピックアップトラック)シフトが強まっていることを受けての対応。2020年までに、北米で販売されるフォードブランド車の90%をSUVやピックアップトラック、商用車とする。

フォードモーターは現在、主力ミディアムセダンとして、フォード『フュージョン』をラインナップ。同車は、トヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』、日産『アルティマ』などと競合してきた。今回のフォードモーターのセダン廃止の発表が、他社の米国戦略に影響を与える可能性もある。

なおフォードモーターは、今後数年以内に、フォードブランドの北米乗用車ラインナップは、2ドアスポーティカーの『マスタング』と、新型『フォーカス』のクロスオーバー車の2車種に絞り込む、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォード・マスタング・マッハEの各種機能をスマホから遠隔設定できるコネクトシステム
  • フォード・モデルT ツーリング
  • フォード・マスタング・マッハE
  • ボルグワーナーの高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ