車載端末で安全運転診断、テクトムとフィディックがテレマティクスサービスを開始

自動車 テクノロジー 安全
テクトムとフィディックが開始した安全運転診断サービスのイメージ図
テクトムとフィディックが開始した安全運転診断サービスのイメージ図 全 1 枚 拡大写真
テクトムとフィディックは、テレマティクス車載端末で取得される車両情報で、ドライバーの運転操作を診断する安全運転診断サービスを開始したと4月30日に発表した。

同サービスは、主幹道路での最適な信号制御など交通管制システムの企画・調査・設計を約40年間手がけてきたフィディックのノウハウと、テクトムが販売するテレマティクス車載端末「GX410NC」で取得される走行データを基に、ドライバーの運転操作を分析し、交通法規の遵守と安全運転を日常から行っているかを「見える化」するもの。

同サービスでは、運転操作に対して点数をつけるほか、どのような運転操作が加減点の対象になっているかをレポート。運転操作アドバイスも記載して、次回運転時の運転技術向上に貢献する。

診断のアルゴリズム開発においては、あらゆる運転挙動を時間と共に記録し、画像とデータを分析することで、運転挙動がデータに与える影響を検証。また、運転者ごとに運転方法等が異なることにも配慮し、多数の運転者で検証することで、誤診断・誤検知の少ない診断を実現した。

《丹羽圭@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  4. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  5. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  6. 実はアルコール消毒液が犯人…山陽新幹線で飲酒疑いによる部分運休
  7. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  8. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  9. ジープ ラングラー『ウィリス』にオフロード性能追求の「リーコン」 10月米国受注開始
  10. 日産の新型商用車『タウンスター』、EV版の航続は285km…欧州発表
ランキングをもっと見る