鉄道会社がドローンの操縦士を養成へ…名鉄のドローンアカデミー、6月に開校

鉄道 企業動向
ドローンアカデミーにおける養成イメージ。
ドローンアカデミーにおける養成イメージ。 全 2 枚 拡大写真
名古屋鉄道(名鉄)は5月9日、ドローン操縦士を養成する「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」(名古屋市熱田区)を6月30日に開校すると発表した。

名鉄の「新たなビジネス領域の開拓」の一環として設けられるもので、趣味から業務用途まで、ドローンの安全運航に関する知識や高度な操縦技術を持つ人材を育成することを目的としている。

入校の対象となるのは20歳以上で、保護者の同意があれば16歳以上でも可能。

実施される養成コースは、初心者向けの実技体験コース(90分・1万円)、初心者向けで最低限のスキルを習得するスタンダードコース(2日間・12万円)、業務用のスキルを習得するアドバンスコース(2日間・30万円)などで、より専門的なプロフェッショナルコースも設けられるが、こちらは今秋に詳細が発表される予定。

講習は9時から23時までの間、随時行なわれ、各コースの申込みは、6月初旬に開設される予定の専用サイトで受け付ける。

名鉄では今回の開校に際し、ドローンを「空のインフラ」として飛躍的な発展を見込めるとした上で、「市場拡大のボトルネックになっている操縦士不足の解決を目的としたドローンスクール事業への参入を皮切りに、今後、ドローンを活用した様々なサービスの展開について検討を進めてまいります」と述べている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。

ピックアップ

Response.TV