トヨタ、自動運転開発のデータ分析分野でALBERTと業務提携

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ 先進技術開発カンパニー 鯉渕健常務理事(左)とALBERT 松本壮志社長
トヨタ 先進技術開発カンパニー 鯉渕健常務理事(左)とALBERT 松本壮志社長 全 3 枚 拡大写真
トヨタ自動車は5月15日、データソリューション企業のALBERTへ約4億円を出資、主に自動運転技術の先行開発分野における、ビッグデータ分析で業務提携を行うと発表した。

トヨタは、自動運転技術開発を促進するために、2016年1月に「Toyota Research Institute Inc.(TRI、先端研究)」を米国に設立、2018年3月に新会社「Toyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD、先行開発)」を東京に設立するなど、これまでにないスピードで体制の整備と共に、AIを中心とした技術開発を進めている。

一方ALBERTは、ビッグデータ分析領域におけるデータサイエンティスト集団として、企業に最適なソリューションの提供を2005年から継続。近年では自動運転技術開発における画像解析分野でも積極的な展開を進めている。

今回の提携により、トヨタはAI技術開発における、データ分析プロセス等を強化。自動運転技術開発のさらなる加速を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ライズ
  • トヨタ 2000GT
  • トヨタ・ライズ
  • トヨタ RAV4 プライム(日本名:RAV4 PHV に相当)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ