中央線の新型特急車E353系を『あずさ』『かいじ』にも投入…既存のE257系は東海道線へ 7月1日から

鉄道 企業動向
現在、『スーパーあずさ』で運行されているE353系。『あずさ』『かいじ』へは7月1日から投入されるが、運行時刻の変更はなく、時刻表では運用列車に「新型車両で運転」と記載される。
現在、『スーパーあずさ』で運行されているE353系。『あずさ』『かいじ』へは7月1日から投入されるが、運行時刻の変更はなく、時刻表では運用列車に「新型車両で運転」と記載される。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本長野支社は5月16日、E257系電車で運行している中央線の特急『あずさ』『かいじ』にも、7月1日からE353系電車を投入することを明らかにした。

E353系は、最大1.5度まで傾斜する空気バネ式車体傾斜方式を採用した特急型電車で、JR東日本初の振子式電車E351系を置き換えるため、昨年12月23日に3両編成3本+9両編成3本の計36両を4往復の『スーパーあずさ』へ投入。今年3月のダイヤ改正では『スーパーあずさ』8往復がすべてE353系に置き換えられた。

同車は今年度も継続して量産されており、今回は9両編成7本の計63両が新宿~松本間の『あずさ17・21・27号』『あずさ12・16・34号』と、東京・新宿~甲府・竜王間の『かいじ101・105・109・111・113・117・119・121・123号』『かいじ102・104・106・108・110・114・118・120・122号』へ投入される。

これにより従来のE257系は『あずさ』に7往復、『かいじ』に3往復が残るのみとなり、将来的にはこれらもE353系に置き換えられる。

なお、捻出されたE257系は、リニューアルの上、東海道線へ転出する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。

ピックアップ

Response.TV