スズキ バレーノ、ターボモデルをレギュラーガソリン仕様に変更 | レスポンス(Response.jp)

スズキ バレーノ、ターボモデルをレギュラーガソリン仕様に変更

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ・バレーノ
スズキ・バレーノ 全 1 枚 拡大写真
スズキは、ハッチバックタイプの小型乗用車『バレーノ』の1.0リットルターボエンジン搭載車の使用燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンに変更し、5月16日より発売する。

バレーノは、インドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産し、日本で輸入車として販売するスズキのグローバルコンパクトカー。2016年3月から国内販売を開始し、1.2リットル自然吸気エンジンと1.0リットルターボエンジンの2種類を設定している。

今回、1.0リットルターボエンジンを1.2リットル自然吸気エンジンと同様、経済的なレギュラーガソリン仕様に変更することで、商品の魅力を高める。

1.0リットルターボ車の価格は172万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ