スズキ バレーノ、ターボモデルをレギュラーガソリン仕様に変更

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ・バレーノ
スズキ・バレーノ 全 1 枚 拡大写真
スズキは、ハッチバックタイプの小型乗用車『バレーノ』の1.0リットルターボエンジン搭載車の使用燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンに変更し、5月16日より発売する。

バレーノは、インドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産し、日本で輸入車として販売するスズキのグローバルコンパクトカー。2016年3月から国内販売を開始し、1.2リットル自然吸気エンジンと1.0リットルターボエンジンの2種類を設定している。

今回、1.0リットルターボエンジンを1.2リットル自然吸気エンジンと同様、経済的なレギュラーガソリン仕様に変更することで、商品の魅力を高める。

1.0リットルターボ車の価格は172万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】スズキ バレーノ、ターボモデルをレギュラーガソリン仕様に変更(1枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  3. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  4. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  5. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  6. ランボルギーニ『カウンタックLP500』、1台限りで甦る…シェイクダウン完了
  7. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  8. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  9. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  10. 【洗車機の謎 Vol. 1】えっ、トヨタ『WiLL-Vi』が洗車機を破壊するってホント!?
ランキングをもっと見る