豊田通商、インドで中古車マーケットプレイス事業を展開へ

自動車 ビジネス 海外マーケット
マーケットプレイス「ドゥルーム」(webサイト)
マーケットプレイス「ドゥルーム」(webサイト) 全 1 枚 拡大写真
豊田通商は5月17日、印ドゥルーム社へ出資、中古四輪車・二輪車マーケットプレイス事業の海外展開を共同で行うと発表した。

経済成長に伴い好調なインド自動車市場にて、同社が運営するマーケットプレイス「ドゥルーム」は、売り手と買い手が安心して売買できるプラットフォームを提供。独自に開発した仕組みにより、中古四輪車・二輪車の購入時に消費者が不安を抱く、車両状態や販売価格、販売業者の信頼度などの透明化を図り、事業開始から約3年でインド最大の自動車マーケットプレイスに成長している。

一方、豊田通商は、国内外において中古車販売・サービス事業を展開しており、近年では、中古車流通事業へ参入するなど、中古車事業の取り組みを強化している。

今回、豊田通商はドゥルーム社が実施する第三者割当増資を引き受け、出資するとともに、中古四輪車・二輪車マーケットプレイス事業での海外展開に関するMOU(了解覚書)を締結。ドゥルーム社が持つ中古四輪車・二輪車マーケットプレイス事業の知見と、豊田通商が持つ新興国における自動車販売関連事業のアセット・知見を組み合わせることで、中古車の需要が見込まれる新興国において、中古四輪車・二輪車マーケットプレイス事業の海外展開を推進していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ自動車本社(参考画像)
  • 後続無人のトラック隊列走行の技術
  • ASTコイルの概要
  • モビリティアプリ「ベロシア」
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ