小田急でも回生電力を活用する省エネ策…停電にも対応する電力貯蔵装置を導入 5月19日

鉄道 企業動向
回生電力貯蔵装置を通した充放電の流れ。装置は日立製作所製が製造したもので、蓄電に使われる充電池はリチウムイオン電池。電車の加速時に電力を放電するほか、停電時にも放電できる機能を持つ。
回生電力貯蔵装置を通した充放電の流れ。装置は日立製作所製が製造したもので、蓄電に使われる充電池はリチウムイオン電池。電車の加速時に電力を放電するほか、停電時にも放電できる機能を持つ。 全 1 枚 拡大写真
小田急電鉄は5月19日、小田原線の上原変電所(東京都渋谷区)に回生電力貯蔵装置を導入する。

これは、鉄道施設や車両に対して省エネ事業を推進する鉄軌道事業者に対して、国が補助金を交付する、環境省・国土交通省のエコレールラインプロジェクト事業の一環として導入されるもの。

列車がブレーキをかけた際に発生する回生電力を蓄電池に一時的に蓄え、その電力を再利用する仕組みになっていることから、運行時の総電力量を節約でき、環境負荷の軽減につながるという。

また、この装置は、停電時に電源供給を行なうこともできることから、今年3月に開通した代々木上原~梅ヶ丘間の複々線地下区間においての大規模停電に対応することも想定。駅間に停車した列車を最寄り駅まで安全に移動させる実証実験が行なわれる予定になっている。

小田急では、2017年度末時点で回生ブレーキや省エネ車両の導入が98.8%まで進んでおり「今後も駅や鉄道施設での環境負荷の軽減や、一層の安全性の向上に取り組んでまいります」としている。

なお、類似の取組みとしては、JR東日本が昨年10月から内房線の大貫変電所で実施しており、拝島・桶川・久喜の各変電所には回生電力貯蔵装置が設置されている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 両側面に「遙か水平の先を見つめる龍馬像」をデザインしたという『志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり』1号車「Kurofune」のイメージ。帯部分のデザインは蒸気機関をモチーフにしている。
  • 平日には7本が増発される『京王ライナー』。
  • 九州新幹線西九州ルートの終点となる長崎駅。
  • 只見線で運用されている「東北地域本社色」のキハ40形。写真は引退後に小牛田運輸区に留置されていた陸羽東線・石巻線のキハ40形。
  • JR桜木町ビルでの110形蒸気機関車展示イメージ。
  • 大船渡線BRT。今改正では一部が気仙沼線BRTへ直通する。
  • 1月1日に運行された中央線の下り終夜列車。東京オリンピック期間中、中央線では、新宿発が快速線で1時50分頃まで、緩行線で2時頃まで終電時刻が繰り下がる。
  • 315系の外観イメージ。シルバーを基調に、JR東海のコーポレートカラーであるオレンジのアクセントを加えたものとなる。東急電鉄の池上線と東急多摩川線で運用されている1000系に近い印象だ。

ピックアップ