北海道知事が北海道新幹線札幌開業の前倒しに積極姿勢「札幌の先も見据える必要あり」

鉄道 行政
5月18日の記者会見で質問に答える高橋はるみ北海道知事。
5月18日の記者会見で質問に答える高橋はるみ北海道知事。 全 1 枚 拡大写真
北海道の高橋はるみ知事は、5月18日に開催された定例記者会見で、北海道新幹線札幌開業の前倒しに積極的な姿勢を示した。

札幌市が誘致を目指している冬季オリンピック・パラリンピックの誘致時期が2026年から2030年へ変更される動きがあることと、これに関連して、同市に2031年春に予定されている北海道新幹線札幌開業の前倒しを国に要請する動きがあることを受けての姿勢で、知事は札幌開業を「道民の一般的な悲願」としつつ「オリパラと切り離したとしても、私自身の強い思いとして持っているところでございます」と述べ、前倒し運動の盛り上げを担当部局に指示していることを明らかにした。

さらに知事は「できれば稚内までと思いますけれども、それだと道東の方々はどう思われるのかと。さらには収益を上げるという意味では、新千歳空港までつないだほうが良いというご意見とか、いろいろなご意見が道民の方々にもあります」と前置きし、気が早いと言われるかもしれないが、札幌開業後の先を見据えることも必要ではないかと述べている。

札幌市の冬季オリンピック・パラリンピック誘致については「相互に意思の疎通を図りながら、地域づくり、まちづくりに最大限この一大イベントを活用できるよう、そして世界のお客様を最大限におもてなしをし、お迎えできるように、そういったタイミングを狙って誘致をしていくという思いは、私も札幌市長と同様」とし、今後は札幌市と情報を共有しながら、誘致のタイミングを判断していきたいと述べた。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 伊豆急行100系クモハ103号
  • 復旧工事が進捗しているという流出した第1三篠川橋梁。写真は流出当時のもの。
  • 東武鬼怒川線新高徳駅から急カーブ・急勾配を下っていく東武の100系「スペーシア」。
  • 釧網本線を走る普通列車。
  • 現在は、特急以外のすべての列車が停車する北広島駅。快速『エアポート』(右)はこの駅で普通列車(左)と連絡する。写真は北広島駅の下り(札幌方面)ホーム。2019年2月28日撮影。
  • 2016年11月に行なわれた銀座線渋谷駅の工事風景。この時は新駅舎を支える橋脚を建設する準備工事のため、両方面の線路を南側へ移設する線路切換工事が実施された。
  • 6月10日10時から全線で運行を再開した横浜市営地下鉄ブルーライン。翌11日は始発から正常ダイヤに戻っている。
  • リニューアルされる「名探偵コナンイラスト列車」のデザイン。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/21/309930.html/article/2018/05/21/309929.html/article/2018/05/21/309931.html