レンタカー無人貸出の実証実験をホテル・東京駅などへ拡大 DeNA×JR東日本

自動車 ビジネス 国内マーケット
DeNA×JR東日本 無人レンタカー
DeNA×JR東日本 無人レンタカー 全 5 枚 拡大写真
JR東日本とJR東日本レンタリース、DeNAは5月28日、レンタカー無人貸出サービスの実証実験をホテルや東京駅などへ拡大すると発表した。

3社は2017年12月、新潟・長岡・越後湯沢・新白河・福島・郡山にあるJR東日本レンタリース店舗で、レンタカー無人貸出サービスの実証実験を開始した。

各店舗の日産『ノート』1台を無人貸出用とし、スマートフォンのアプリで解錠・施錠ができる「スマートキーデバイス」を搭載。DeNAが提供する個人間カーシェアリングサービス「Anyca」上でJR東日本レンタリース所有車と利用者のマッチングを行うというものだ。利用に際しては、Anycaのスマホアプリで事前に車を検索・予約し、クレジットカードで決済。料金は24時間あたり4000円から。スマートキーデバイスにより、対面での手続きを行うことなく、手軽に車の乗り出しや返却ができる。

この実証実験がユーザーに好評を得ていることから、3社は観光客や地域住民のさらなる利便性向上に向けて、6月1日より実施箇所をJR東日本グループのホテルや東京駅周辺のJR東日本レンタリース店舗などに拡大。

新たにサービスを開始するのは、ホテルメトロポリタン仙台イースト(宮城県)、ホテルメトロポリタン盛岡NEW WING(岩手県)、ホテルメトロポリタン山形(山形県)、ホテルメッツ水戸(茨城県)、JR東日本レンタリース東京営業所(東京駅)、JR東日本レンタリース那須塩原営業所(栃木県・那須塩原駅)、JR東日本レンタリース勝浦営業所(千葉県・勝浦駅)の6か所となる。

3社は今回のサービス拡大により、ホテル宿泊客が手軽にレンタカーを利用できることの効果や、駅レンタカー営業所の営業時間外での利用に関するニーズなどを検証していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • Anyca オーナー定額支援プログラム
  • 新タクシーアプリ「GO」
  • 車録Pro
  • 相互タクシー本社にて行った調定式の様子
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ