九州新幹線の携帯通話エリアが新八代まで拡大へ…今秋には車内のWiFiサービスも開始

鉄道 企業動向
昨年12月には博多~新大牟田間でトンネル内での携帯電話の通話が可能となった九州新幹線。今後は新水俣までのエリア拡大が予定されている。写真はJR九州の800系新幹線電車。
昨年12月には博多~新大牟田間でトンネル内での携帯電話の通話が可能となった九州新幹線。今後は新水俣までのエリア拡大が予定されている。写真はJR九州の800系新幹線電車。 全 1 枚 拡大写真
JR九州は5月30日、九州新幹線における携帯電話通話エリアの拡大と車内公衆無線LAN(WiFi)サービスの開始を発表した。

通話エリアの拡大工事は、国の電波遮へい対策事業に基づく補助により行なわれており、6月26日からは新大牟田~熊本間約21kmにある9つのトンネル内で通話が可能となる。これにより、博多~新八代間が携帯電話の通話エリアとなる。

残る区間は新八代~鹿児島中央間となるが、このうち新水俣駅の手前までは、現在、工事が行なわれている。

一方、公衆無線LANサービスは、今年秋からJR九州に在籍するN700系と800系で順次開始され、2019年度末までには136両すべてでサービスが実施される。

なお、このサービスは携帯電話回線を利用して提供されるため、電波遮蔽対策が行なわれていない新八代~鹿児島中央間のトンネル内や携帯電話のサービスエリア外では利用できない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ