トヨタ ヴィッツ、歩行者も検知する自動ブレーキ採用 あわせて特別仕様車2モデルを設定

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ ヴィッツ ハイブリッドU
トヨタ ヴィッツ ハイブリッドU 全 7 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、『ヴィッツ』を一部改良するとともに、特別仕様車「FセーフティエディションII」および「Fアミー」を設定し、5月31日より販売を開始した。

今回の一部改良では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」を採用。また、駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たにオプション設定した。

価格は118万1520円から222万6960円。

特別仕様車は、ともに「ハイブリッドF」、「F」をベースとし、FセーフティエディションIIは、トヨタ セーフティセンスや「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」などを特別装備することで、安全性を高めた。一方、Fアミーは、ブラックを基調に、インストルメントパネル周辺にはカッパー加飾を施し、シックでおしゃれな内装デザインとした。また、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備し、上質感を演出。さらに、トヨタ セーフティセンスや「スマートエントリーセット」を特別装備する。外板色には特別設定色のダークレッドマイカメタリック、ボルドーマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む全6色を設定した。

価格はFセーフティエディションIIが137万3760円から189万6480円、Fアミーが151万3080円から200万7720円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ・アクア
  • トヨタ・ヴィッツ
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/31/310351.html/article/2018/05/31/310350.html/article/2018/05/31/310352.html