クアルコムがパナソニック、フォードモーターとセルラーV2Xで協業

自動車 テクノロジー ネット
クアルコムのセルラーV2Xイメージ
クアルコムのセルラーV2Xイメージ 全 1 枚 拡大写真
クアルコムは6月1日、パナソニック、フォードモーターとの間で、米国初となる「セルラーV2X」の展開において、協業すると発表した。

3社は米国コロラド州デンバー市の「CityNOW」の道路において、2018年夏からセルラーV2Xの評価を行う予定。その後、その他の地域に年内に拡大展開していく。

パナソニックは、コロラド州運輸局のV2X開発プログラムにおいて、ロードサイドユニット(RSU)を提供する企業と協業。フォードモーターの車両には、セルラーV2Xデバイスが搭載され、V2V(車車間通信)とV2I(路車間通信)の直接通信を可能にする。

パナソニックのコネクテッドカーのデータプラットフォームは、道路事業者に周辺状況の情報を提供。安全に関わる重要な情報を直接車両に配信するために、セルラーV2Xのデータを収集する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デンソー
  • 米ワイトリシティのEV無線充電のイメージ
  • 5Gの最新動向について発表するクアルコム
  • PSAグループとクアルコムのセルラーV2Xの実証実験イメージ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ