ジャガー E-PACE、AIによる自己学習技術導入

自動車 ニューモデル 新型車
ジャガー E-PACE
ジャガー E-PACE 全 2 枚 拡大写真
ジャガーカーズは6月6日、ジャガー『E-PACE』のコネクティビティを向上させると発表した。

ジャガーE-PACEには新たに、人工知能(AI)アルゴリズムによる自己学習テクノロジー、「スマートセッティング」を導入。これにより、各ドライバーの好みを特定して、それに応じてドライビングや車内の設定を自動的に調整する。

スマートセッティングでは、車両のキーとスマートフォンの両方のBluetooth信号に基づいて、E-PACEに接近してくるドライバーを認識。AIアルゴリズムは、寒い日にステアリングホイールやシートをあらかじめ温めたり、曜日や時間帯によってメディアソースを変更したりと、時間、場所、天気、行動パターンに基づいて、設定を調整する。E-PACEでは最大8つのプロファイルを設定できる。

インテリジェント電話リマインダー機能も新採用。これは、スマートフォンを忘れた場合、ドライバーに通知。ドライバーのスマートフォン使用のパターンを学習したうえで、最適な時間に電話をかけるために、予測コールリストから連絡先を呼び出してくれる。

なお、スマートセッティングは、「コネクトプロパック」に含まれる。コネクトプロパックは、4G Wi-Fiホットスポット、プロサービス、ナビゲーションプロで構成。リアルタイムの交通情報、スマートフォンからのドアツードアのルート設定、ストリートビューなどを可能にする、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー E-PACE(2019年モデル)
  • ジャガー E-PACE 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー E-PACEセンサリー・パフォーマンス・エディション
  • ジャガー E-PACE KEI NISHIKORI EDITION
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ