ヒュンダイがAI企業と提携、自動運転車に高度なカメラ認識技術導入へ…CESアジア2018

自動車 ビジネス 企業動向
ヒュンダイの自動運転車のデモンストレーション(CESアジア2018)
ヒュンダイの自動運転車のデモンストレーション(CESアジア2018) 全 2 枚 拡大写真
ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は6月13~15日、中国上海市で開催されたCESアジア2018において、中国のAI(人工知能)テクノロジー企業、「DeepGlint」と提携すると発表した。

DeepGlintは2013年に設立。セキュリティおよび輸送市場向けのAI製品とソリューションを手がけている。

ヒュンダイは、AIが顧客のニーズを明確に理解し、ユーザーエクスペリエンスンスを広げることに貢献すると判断。DeepGlintとの提携を発表した。

ヒュンダイはDeepGlintと提携することで、AI技術を多くのビジネス分野に導入。ヒュンダイ車の製品品質と顧客満足度を向上させるだけでなく、自動運転車のさらに安全な運転環境の構築を目指す。

具体的には、DeepGlintが持つAIベースの高度なカメラ映像認識テクノロジーを、ヒュンダイが導入。ヒュンダイは、この技術を生かしながら、自動運転車の実用化を目指していく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヒュンダイ エラントラTCR プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォルシア(ロゴ)
  • ヴォクソール・コルサ
  • ヒュンダイ初の空飛ぶ車(模型。CES 2020)
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ