テスラの電動ピックアップトラック、デュアルモーターAWDを標準装備へ

エコカー EV
テスラの電動ピックアップトラックのティザースケッチ
テスラの電動ピックアップトラックのティザースケッチ 全 2 枚 拡大写真
テスラのイーロン・マスクCEOは6月26日、開発を進めている電動ピックアップトラックに、デュアルモーターAWDシステムを標準装備すると発表した。

テスラは2016年7月、今後の経営計画を示した「マスタープラン パート2」を発表。その中で将来、電動ピックアップトラックを開発する意向を示していた。

イーロン・マスクCEOは今回、この電動ピックアップトラックに、デュアルモーターAWDシステムを標準装備すると発表。デュアルモーターAWDシステムは、『モデルS』と『モデルX』に搭載済み。

デュアルモーターAWDシステムを積むモデルSの「P100D」グレードの場合、モーターは最大出力760hpを発生。バッテリーは、蓄電容量を100kWhへ大容量化した。「ルーディクラス」(Ludicrous)と名付けられた加速モードの場合、0~96km/h加速は2.5秒と、圧倒的な加速性能を実現する。

イーロン・マスクCEOは、電動ピックアップトラックのデュアルモーターAWDシステムに関して、「クレイジートルク」と表現。サスペンションについても、調整式になる、と明かしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ニューヨークのテスラ販売店
  • ドイツで充電器設置の展開を拡大したテスラ(5月26日)
  • テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ