ZFとモービルアイ、新世代の車載カメラ共同開発…自動運転機能を強化

自動車 テクノロジー ITS
ZFとモービルアイが共同開発した新世代の車載カメラの作動イメージ
ZFとモービルアイが共同開発した新世代の車載カメラの作動イメージ 全 3 枚 拡大写真
ZFとモービルアイは6月27日、最新の車載カメラ「S-Cam4」シリーズを共同開発した、と発表した。自動運転機能を強化するもので、2018年中の発売を計画している。

ZFのS-Cam4カメラ製品ラインナップには、シングルレンズの単眼カメラを用意。これは、欧州で唯一の公的な衝突安全テスト、「ユーロNCAP」など安全テストの新基準に対応。歩行者や自転車を認識して、緊急自動ブレーキが作動するように設計されている。

また、3つのレンズを備える「トライカム4」(TriCam4)には、長距離認識用の望遠レンズと広い視野を持つ広角レンズを追加。先進運転支援システム(ADAS)のひとつ、部分自動運転機能に対応する。

ZFは世界の12社以上の自動車メーカーに、フロントカメラを含むADAS用センサーを供給。パートナー企業との提携を通してZFは、各自動車メーカーの要望に合わせたカメラ、レーダーおよびライダー(LiDAR)を設計、開発、供給している。ZFは、モービルアイとの協力関係を通じて、革新的な車載カメラ技術を大手自動車メーカーに供給していく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ZFがジープ・ラングラー 初のPHVに供給する8速AT
  • ZFとエヴァの自動運転テスト車両
  • ZFのクラッチ
  • ZFの新しいソリッドステートLiDARセンサー
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV