カワサキ、市販モトクロッサー KX450 を大幅改良 新エンジン搭載で出力アップ

モーターサイクル 新型車
カワサキKX450
カワサキKX450 全 9 枚 拡大写真
カワサキモータースジャパンは、同社市販モトクロッサーのフラッグシップモデル『KX450』をフルモデルチェンジし、2019年モデルとして9月1日より発売する。

2019年モデルは、新設計449cc水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載。吸気ラインのダウンドラフト化、フィンガーフォロワーロッカーアームの採用により出力向上を実現した。

また素早い再始動が可能となるセルフスターターや軽量コンパクトなリチウムイオンバッテリー、安定した操作フィーリングを可能にする油圧クラッチを新たに搭載。ファクトリーマシンからフィードバックされた先進技術により、レースでの戦闘力をさらに高めている。

価格は99万3600円。

そのほか、『KX250』『KX100』『KX85-II』『KX85』『KX65』『KLX110L』については、カラー&グラフィックを変更し、2019年モデルとして8月1日に発売する。

価格は、KX250が77万2200円、KX100が40万1760円、KX85-IIが38万0160円、KX85が36万9360円、KX65が30万4560円、KLX110Lが26万6760円。

カワサキモータースジャパンは7月1日から、2019年モデル『Z900RS』の販売を開始する。Z900RSは2017年10月…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/28/311355.html/article/2018/06/28/311354.html/article/2018/06/28/311356.html