EV航続700km!? これがBMW「i4」市販モデルだ

自動車 ニューモデル 新型車
BMW i4 市販モデル予想CG
BMW i4 市販モデル予想CG 全 5 枚 拡大写真
BMWが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した4ドアEVサルーン『i Vision Dynamics Concept』の市販モデルを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手した。これまでの“BMW i”ブランドデザインと一線を画するエクステリアは、市販モデルにも大きく反映されそうだ。

このモデルの車名は『i4』になると発表されており、コンパクトの『i3』、2ドアスポーツの『i8』に続く同ブランド第3の電動モデルとなる。入手したCGは、コンセプトモデルと比較してキドニーグリル、リップスポイラー、ヘッドライト、サイドミラーがリデザインされているものの、大部分の意匠が継承されるようだ。

コンセプトモデルが衝撃を与えたのは、そのパフォーマンスだ。BMW最新世代の「eDrive」テクノロジーにより、1回の充電による航続距離は、テスラ『モデル3』の最大496kmを圧倒する700km。また0-100km/h加速を4秒以内に走り抜け、最高速度は200km/h以上と発表された。

果たしてそのパフォーマンスがそのまま反映されるのか注目されるが、関係者の話では、どれもかなり近い数値となる見通しだという。またテスラと比較してコストパフォーマンスでも優位に立つと噂されている。

ワールドプレミアは、2020年秋頃と予想されている。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

【画像】EV航続700km!? これがBMW「i4」市販モデルだ(5枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  6. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  9. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る