モービルアイ、自動運転技術を百度に供給…安全性評価の数式も

自動車 テクノロジー 安全
百度の「Apollo」プラットフォーム
百度の「Apollo」プラットフォーム 全 1 枚 拡大写真
インテル傘下のモービルアイは7月3日、百度(Baidu=バイドゥ)の自動運転開発プロジェクトに、モービルアイの技術が採用された、と発表した。

百度は中国のインターネット検索最大手。同社の自動運転開発プロジェクトが、「アポロ」(Apollo)計画。アポロは、自動運転のオープンプラットフォーム。自動運転車のすべての主要な特徴や機能をサポートする包括的かつ安全なソリューションを開発している。

この百度の自動運転プロジェクトに、モービルアイの技術を採用。そのひとつが、モービルアイのサラウンドビューカメラキット。これには、車両の周囲に配置された12台のカメラと、コンピュータビジョンハードウェアおよびソフトウェアが含まれる。

また、モービルアイが開発した自動運転車の安全性を評価するための数式も、百度は導入。これは、定型数式による計算を通じて、自動運転車が明確な責任のもとに運用され、過失を伴う事故を起こさないようにするための数式。

数式では、他の車両がいかなる動きをしても、自動運転車が事故の要因になりえない安全な状態を定義。自動車業界や規制当局で取り決められた過失に関する明確な定義に準拠しながら、自動運転車が安全であると定義されたフレームワークの中でのみ、数式が運用されるようになっている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モービルアイの自動運転テスト車両
  • モービルアイ・ジャパンは12月3日、インテルに買収された後、日本で初となる事業説明会を開催した
  • FUTURE DRONE ENTERTAINMENT Intel(R) Drone Light Show “CONTACT”
  • インテル本社とウェイモの自動運転テスト車両
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ