ナビタイム、平成30年7月豪雨による通行止め情報を反映 自動車ルート検索

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
(イメージ)
(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
ナビタイムジャパンは7月10日、「NAVITIMEドライブサポーター」「カーナビタイム」「トラックカーナビ」など、同社が提供する自動車ルート検索にて、平成30年7月豪雨による高速道路の通行止め情報を考慮したルートを、すべてのユーザーに表示できるよう対応した。

対応したのは以下の通行止め。(2018年7月10日10時現在)

・九州道(小倉東IC ~門司IC)
・東九州道(豊前IC~椎田南IC)
・中国道(吉川IC上り入口 吹田JCT方面)
・高知道(大豊IC~川之江東JCT)
・広島呉道路(呉IC~仁保IC)
・尾道道(尾道北IC~世羅IC)
・尾道道(吉舎IC~甲奴IC)
・松江道(高野IC~三次東JCT・IC)
・山陽自動車道(本郷IC~河内~広島IC)

ナビタイムジャパンでは、今後も復旧状況を順次反映していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ