ジャガー・ランドローバー世界販売、0.4%増の31万台超え 2018年上半期

自動車 ビジネス 海外マーケット
ジャガー E-PACE
ジャガー E-PACE 全 3 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は7月9日、2018年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は31万8219台。前年同期比は0.4%増だった。

全販売台数31万8219台のブランド別の内訳は、ジャガーが9万4055台にとどまり、前年同期比は1.2%のマイナス。一方、ランドローバーは22万4164台を売り上げ、前年同期比は1.1%増と前年実績を上回る。

車種別の販売実績では、ジャガーブランドは小型SUVの『E-PACE』が好調。ランドローバーブランドでは、『レンジローバーヴェラール』と改良新型『レンジローバー スポーツ』が牽引役を果たす。

市場別の販売実績では、ジャガーブランドは欧州と英国が好調。ランドローバーブランドでは、英国と米国が販売を伸ばした。

ジャガー・ランドローバーの2017年の世界新車販売台数は、過去最高の62万1109台。前年比は7%増だった。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバーの車内ノイズ低減システム「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • アクアフィル社のリサイクル素材「ECONYL」
  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV