スバル レガシィ 2019年型、2万2545ドルから…アイサイトとスターリンク標準装備 | レスポンス(Response.jp)

スバル レガシィ 2019年型、2万2545ドルから…アイサイトとスターリンク標準装備

自動車 ニューモデル 新型車
スバル レガシィ(レガシィB4)の2019年モデル
スバル レガシィ(レガシィB4)の2019年モデル 全 5 枚 拡大写真
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月9日、『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)と『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』)の2019年モデルの価格を公表した。ベース価格は、2万2545ドル(約250万円)に設定している。

2019年モデルでは、「2.5i」グレードが、2.5リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力175hpを発生する。トランスミッションはCVTの「リニアトロニック」。

「3.6R」グレードには、3.6リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力256hpを獲得する。トランスミッションはCVTのリニアトロニックを組み合わせた。

2019年モデルのベース価格は、レガシィが2万2545ドル(約250万円)から、アウトバックが2万6345ドル(約292万円)から。スバルオブアメリカは、ベースグレードでも先進運転支援システム(ADAS)の「アイサイト」と、車載コネクティビティの最新「スターリンク」の6.5インチマルチメディアシステムを標準装備した、としている。

実は、初代NA系ロードスター乗りから広く知られているキスモ。マツダのユーノスロー…

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ