MINIクーパーS クロスオーバーなど、27車種リコール 火災のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
改善箇所
改善箇所 全 5 枚 拡大写真
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は7月12日、MINI『クーパーS クロスオーバー』などの電動補助クーラントポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2007年11月22日~2011年11月28日に製造されたMINIおよびBMW、27車種6921台。なお今回の届出は、2011年12月および2012年1月のリコール届出の対象車両を追加するもの。

ターボチャージャーを冷却するための電動補助クーラントポンプの作動用回路の設計評価が不十分だったため、回路がショートしてプラグ接続部が焦げ付き、車両火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、電動補助クーラントポンプを対策品と交換する。

不具合発生件数は4件で、ドイツ本国からの情報によりわかった。部分焼損事故が3件起きている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル・インプレッサ(2018年)
  • 日野プロフィア(参考画像)
  • 改善箇所
  • スズキ アルト(2015年)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/07/12/311882.html/article/2018/07/12/311881.html/article/2018/07/12/311883.html