北海道新幹線H5系や快速『エアポート』内にも公衆無線LAN…JR旅客6社の車内WiFiが出揃う

鉄道 企業動向
小樽~札幌~新千歳空港間で運行されている快速『エアポート』。写真は721系電車だが、733系電車の車内でも公衆無線LANサービスが開始される。
小樽~札幌~新千歳空港間で運行されている快速『エアポート』。写真は721系電車だが、733系電車の車内でも公衆無線LANサービスが開始される。 全 2 枚 拡大写真
JR北海道は7月12日、北海道新幹線と快速『エアポート』の車内で公衆無線LAN(WiFi)接続サービスを開始すると発表した。

これは、国が導入費用の3分の1を負担する「平成30年度旅行環境整備事業費補助金」を活用して行なわれるサービスで、対象となる車両は、東北・北海道新幹線で運用しているJR北海道保有のH5系新幹線電車(10両編成4本)と、小樽~札幌~新千歳空港間の快速『エアポート』で運用している721系電車(6両編成11本)、733系電車(6両編成11本)。

H5系では、JR東日本が5月からE5系新幹線電車内で順次開始した車内WiFi接続サービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」を導入し、12月頃から開始。2019年度末までに全車に導入する予定。

メールアドレスによる認証で利用でき、1回の最大接続時間は3時間。ただし、携帯電話網を利用したサービスのため、電波が届かない箇所や青函トンネル内では利用できない。同トンネル内でのサービス開始は、携帯電話の基地局工事が完了する今年度末以降となる模様。

一方、快速『エアポート』の721系と733系では11月頃から順次導入され、2020年夏頃までに全車両(6両編成22本)に導入される予定。

こちらは、KDDIグループの協力によりWiMAX2+回線を利用して「JR-Hokkaido Free Wi-Fi」を提供。SNSまたはメールアドレスによる認証で利用でき、1回あたりの最大接続時間は2時間。WiFi設備のある車両が快速『エアポート』以外の列車に運用されている時も利用できる。

JR北海道でのサービスが開始されると、JR旅客鉄道会社6社で車内WiFiサービスが出揃うことになる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 羽越本線を走るE653系1000番台の特急『いなほ』。酒田~秋田間から運行を再開する。
  • 国からの支援は2020年度まで。それ以降の継続については地域の利用促進への取組みを考慮した上での法改正を待たねばならず、北海道としては少額ながら支援する方向へ舵を切ろうとしている。写真は維持困難線区のひとつに挙げられている留萌本線深川~留萌間の列車。
  • 金色をベースに市松柄とグラデーションを交えた「和モダン」とした、開業90周年記念車両の車体イメージ。
  • 6月14日から16日にかけて相次いで「道の駅あびらD51ステーション」に搬入され、載線した国鉄色のキハ183 214(左)とD51 320(右)。D51 320は背後にある「追分機関庫」と称した車庫に入る。
  • 伊豆急行100系クモハ103号
  • 復旧工事が進捗しているという流出した第1三篠川橋梁。写真は流出当時のもの。
  • 東武鬼怒川線新高徳駅から急カーブ・急勾配を下っていく東武の100系「スペーシア」。
  • 釧網本線を走る普通列車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/07/13/311937.html/article/2018/07/13/311936.html/article/2018/07/13/311938.html