BMWの最高級SUV「X7」、 PHEV設定で11月デビューへ…輸送中を激写!

自動車 ニューモデル 新型車
BMW X7 プロトタイプ スクープ写真
BMW X7 プロトタイプ スクープ写真 全 10 枚 拡大写真
BMWの新世代フラッグシップ・クロスオーバーSUV『X7』の開発車両を、テスト施設へトレーラーで輸送中に激写した。ドアノブから上のカモフラージュが取れ、ウィンドウの形状までくっきりとわかる。

X7は、新型『X5』や『7シリーズ』でも採用されている最新世代の軽量プラットフォーム「CLAR」が用いられ、同ブランド初の標準3列7人乗りSUVとなる。X5もオプションで3列目を設定可能だが、やはり居住空間では圧倒的にアドバンテージがある。輸送中のプロトタイプから見て取れる、リアドアの長さからもその実用性の高さが伝わるはずだ。

豪華キャビンにも注目だ。VernascaとMerinoレザーの室内装飾、照明付きドアシルプレート、マッサージ機能付きシートなど様々なオプションを用意。ピアノブラック仕上げのシフター、「スポーツ」「コンフォート」「エコ」モードボタンを備える最新「iDrive」、コンセプトカー『X7 iPerformance』を彷彿させるデュアルディスプレイのフルデジタル・インストルメント・クラスターを搭載する。

エントリーモデル「xDrive 40i」のパワートレインは、最高出力325ps、最大トルク450Nmを発揮する3リットル直列6気筒ガソリンエンジン、「xDrive 50i」には最高出力462ps、最大トルク650Nmを発揮する4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンが搭載される。さらに『740e』から流用される2リットル直列4気筒ターボと111psの電気モーターを組み合わせた、最高出力370psを発揮するPHEVモデルの設定もありそうだ。

ワールドプレミアの場は2018年11月のロサンゼルスモーターショーと予想されている。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

【画像】BMWの最高級SUV「X7」、 PHEV設定で11月デビューへ…輸送中を激写!(10枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  3. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  4. カスタマイズは7500通り…アバルト 595 に期間限定プログラム
  5. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  6. 経済同友会が目指す日本のモビリティの未来とは…公益社団法人経済同友会 規制・制度改革委員会 委員長 間下直晃氏[インタビュー]
  7. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  8. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  9. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  10. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
ランキングをもっと見る