三菱自動車、第1四半期決算を発表…益子修CEO「計画に沿ったスタート」

自動車 ビジネス 企業動向
三菱エクスパンダー
三菱エクスパンダー 全 2 枚 拡大写真
三菱自動車は7月24日、2018年度第1四半期(2018年4月1日~6月30日)決算を発表した。

売上高は前年同期比27.0%増加の5600億円、営業利益は前年同期比36.4%増加の281億に増加なり、営業利益率は5.0%となった。当期純利益は、22.6%増加の282億円だった。

グローバル販売台数は29万2000台で、前年同期から21%増加した。アセアン地域では、2017年秋にインドネシアで発売したクロスオーバーMPV『エクスパンダー』とタイのピックアップトラックが好調。中国では、現地生産の『アウトランダー』の販売が好調で、前年同期比50%増の3万6000台となった。北米地域では、2017年度後半に投入した「アウトランダーPHEV」「エクリプスクロス」を中心に販売を伸ばし、前年同期比25%増なった。

2018年度通期業績予想は、5月に東京証券取引所に公表した内容と変更ない。販売台数は125万台(前年比+14万9000台)、売上高は2兆4000億円(+2076億円)、営業利益は1100億円(+118億円)、営業利益率は4.6%(+0.1ポイント)、経常利益は1250億円(+149億円)、当期純利益は1100億円(+24億円)の見通し。

益子修CEOは、「中期経営計画2年目の2018年度も、規模・利益の両面で、計画に沿ったスタートを切ることができた」とする。

今年の鈴鹿8耐="コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレースを制するのは誰になるのか? 7月25~26日開…

《高木啓》

ピックアップ